FC2ブログ
2018 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 01
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「秘密」
- 2007/10/28(Sun) -
またまた・・・
今まで読んだ東野圭吾の作品とはタイプが
ガラリと違うということには感動
いったいこの方はいくつの引き出しを持っているのだろう。。。

内容が今までとガラリと違うということで感動はしたけど
中味はね・・・
そんなに感情移入は出来なかったかな
あくまでも個人的な意見ですが・・・。
心がブルブルと震えたのは『片想い』の方が大きかった

36歳という母親の年齢も 11歳という娘の年齢も
とうに過ぎてしまっているからだろうか?
娘の年齢に入れ替わるとしても
もう社会人だからなぁ~
やり直すことが出来るとしたら『結婚』くらいか・・
でも それは大きいかもねぇ(笑)

タイトルの『秘密』とは・・・・!!
何が秘密なのか
その秘密とは・・・

精神は妻なのに 体は娘で
娘は成長して 小学生から高校生へと・・・
36歳の妻は 小学生から人生をやり直して
新しい人生を生きていこうとしている
それを見守ることが出来る 夫の「愛情」には感動モノである
こういう夫なら素敵だなぁ~と正直思った
と良いことはこのくらい

伏線に無理が有りすぎて・・・
そんなこと書くくらいなら
もっと二人のエピソードをって欲張りに思うんだなぁ
淡々と進みすぎの部分は物足りない
なので もっともっとと思いつつ
一気に読んでしまったのだから やっぱり良い作品かも(笑)

4163179208_09__SCMZZZZZZZ_.jpg

片想いに通じる この本の色とタイトルに一目惚れ♪

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<脳内メーカー | メイン | 達磨夕日>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://bluerose123.blog110.fc2.com/tb.php/164-047e5f28
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。