FC2ブログ
2018 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2019 01
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『点と線』
- 2007/11/24(Sat) -
51YugbJygVL__AA240_.jpg


今日ドラマが放送されるので・・・
(見る予定は無いけど)

推理小説に全く興味がなかった私がどっぷりはまるきっかけとなった作品
読んだのは20年前で
作品が出来たのが それよりまだ20年前・・・くらいかな??
推理小説=赤川次郎 全盛期の頃で
電車の移動時間に読む程度のモノ~って思っていたんだよね
「人間の証明」と「点と線」によって
視点がガラッと変わったんだけど。。。
読んだ後で 西村京太郎の鉄道シリーズ(勝手に名付けている)が
ブームになったんじゃないかなぁ~???

歴史小説などは 元々が現在と時間が違うってわかっているからね
違和感は感じないけれど・・・
昭和に生まれ 昭和に青春時代を過ごした私でも
「・・・?」とギャップわ感じることも多々有り~
東京と九州が 特急で20時間かかる
今は何時間だ?半日もあれば着くよね??
電話ではなく 電報・・
電報なんて 結婚式とお葬式くらいだよね??
そして・・・地名がね
親近感がどーんっと沸いてくるのね。。。

「白い巨塔」の時も書いたと思うけど・・・
何時の時代も人間変わらないんだね~
人間というか 男女というか・・・
「女の情念」は何よりも怖いってこともね


スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<我が家で紅葉狩り~♪ | メイン | ミシュラン>>
コメント
- ドラマ見たよ^^ -

昭和の時代だから 連絡ツールが電報。

たけしがいい味出してたよ。
見始めの頃、小説読んだはずなのに「この犯人って誰だっけ?」
見ていくうちに思い出したけど 記憶の容量が小さいからドンドン忘れないと 新しいこと覚えれないんだよな。

内田康夫の「浅見光彦」シリーズも読む側から忘れている。

今晩も「点と線」の続きを見るよv-234
2007/11/25 10:12  | URL | ゆうこ #-[ 編集] |  ▲ top

- -

確か・・
昔々 読んだはずなんだけどなぁ~
・・そんな昔の話 忘れました。

ドラマは見てないです。
2007/11/25 18:23  | URL | ミント #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://bluerose123.blog110.fc2.com/tb.php/192-8197c8cb
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。